女性クラスター
女性市場トレンドと消費傾向

「小顔になりたい」女性が注目する小顔術4選

高身長・長い手脚・小さい顔を持つ欧米人の中には「顔が小さすぎて全体のバランスが悪い」という悩みを持つ女性もいるというが、そうではない一般的な日本人女性の場合は悩みが真逆だ。「顔を小さくしたい」「小顔に見せたい」ニーズは年齢関係なく多くの日本人女性に見られ、「小顔に見せるメイク、ヘアスタイル、洋服」を紹介するメディアのコンテンツや商品、サービスは常に女性の注目を集めている。

今大注目「フェイシャルフィットネス」パオ

今もっとも旬な小顔商品の一つと言えば、パオ(株式会社MTG)だろう。人気の勢いは通販だけにとどまらず、今やテレビCMも始まり注目の高さがうかがえる。何と言っても、「フェイシャルフィットネス(顔のフィットネス)」というネーミングがわかりやすい。

<合わせて読みたい記事>
中年女性の悩み対策に 50万個突破の人気エイジングケア商品

メイクで小顔づくり

女性誌やイベントで引っ張りだこのヘア・メイクアップアーティスト小田切ヒロさんによるメイクテクニックは、女性たちから大きな支持を集めている。美容医療で肌を切ったり毎日エクササイズをしなくても、メイクで瞬間的に小顔になれるのが小顔メイクのメリットだ。メイクをしない男性は「メイクやヘアスタイルで顔は小さくなるものなのか?」と思うかもしれないが、メイクの力は想像以上だ。

<合わせて読みたい記事>
「日本人女性特有の悩み」にこたえる今人気のヘア&メイクアップアーティスト

ファンデを塗って小顔に

今注目を集めているファンデーションと言えば、トレンドのツヤ肌を実現してくれる「クッションファンデ」だが、それだけではない。リフトアップ効果・小顔効果・フェイスライン引き締め効果のあるファンデーションも人気を集めている。今年2月に発売され、人気美容雑誌ヴォーチェ(講談社)と美的(小学館)それぞれの2017年上半期のベストコスメにも選ばれた(※)アルビオンのタイトルフィルムファンデーションPROや、ジョルジオアルマーニビューティのデザイナークリームファンデーションなどは、ファンデーションで小顔を叶えられると女性誌やwebメディアでも度々紹介されている。
※ヴォーチェ(リキッドクリームファンデーション部門1位)、美的(ファンデーション部門第2位)

寝ながら小顔に矯正

寝ながら脚のむくみ解消、寝ながら骨盤矯正、寝ながらアイケア、寝ながら疲れを取るネックウォーマーなど、「寝ながらヘルスケアできる商品」が近年人気を集めており、小顔も寝ながらできる。小顔ベルト、小顔矯正、リフトアップベルト、小顔マスクなどと呼ばれている商品だ。もちろん寝ていなくても装着できるが、他のことをしながら小顔ケアできるのは、時短ニーズの高い女性にとって便利だ。楽天にも様々な商品が並んでいる。⇒ 小顔を叶える商品(楽天)

【編集部おすすめ記事】
女子はチークにどんな効果を求める?
100円で満足する女性が増加中 「100円で十分!」と思われている商品例
2017上半期 人気1位美容家電は「話題のエステを自宅でできる」商品
40代女性の心を捉えたのはどれ? コスメ大賞 例年と異なる傾向
【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ

女性生活者の調査レポート