第2次スムージーブーム到来

2012年頃から人気に火がつき、すっかり女性のヘルシー食の一つとして定番化した「スムージー」。生活者の意識・実態に関する調査を行うトレンド総研(東京・渋谷)は、現在再びスムージーへの注目が高まっており「第2次スムージーブーム」とも言える現象が起きつつあると分析する。

その背景にあるのが、間食シーンにおける需要の拡大。最初にブームが起きた2012年からの数年間は、“ 朝食 ”としてのニーズが中心だったが、最近は“ 間食 ”としてスムージーを楽しむ人が増えているという。以下は同社が行った調査結果(調査対象:20~40代 有職者女性500名)

出典:トレンド総研

  • 1位:栄養が摂れるから(71%)
  • 2位:野菜が摂れるから(67%)
  • 3位:カロリーが低いから(34%)
  • 4位:コンビニなど近くの場所で買えるから(32%)
  • 5位:腹持ちがよいから(29%)
  • 6位:手が汚れないから(20%)
  • 7位:少量で満足感があるから(18%)

<合わせて読みたい記事>
【無料版リリース】20~70代各世代の女性は、なぜその健康食品を購入した?レポート

カゴメが3月20日より放映開始した、「野菜生活100Smoothie」の新TVCMでは、小腹を満たす間食として「スムージーでヘルシースナッキング」と商品をPRする。ヘルシースナッキングとは、食事と食事の間に適度にヘルシーな間食を取り入れることで、暴食や血糖値の急上昇を防ぐおやつの食べ方のこと。

【編集部おすすめ記事】
2018年スーパーフードトレンド予測 今年の注目素材おすすめTOP10
新語続々!押さえておくべき日本の新スーパーフード 2018年上半期トレンド予測
2018年の食トレンド予測 & 2017年の食トレンド振り返り クックパッド
2017〜2018 押さえておきたい食品業界のトレンドキーワード6
【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ

女性生活者の調査レポート