目の健康寿命に関心集まる 寿命縮めるアイメイク方法に「怖い…」

1月22日(月)19時放送「名医のTHE太鼓判!(TBS)」は目の健康寿命について特集した。Twitterには早速、目の健康寿命に関する投稿が。

番組では目の健康寿命を縮める原因になりやすい「目の際をアイライナーで塗りつぶしたり、まつ毛エクステをつける」アイメイク方法を避けた方が良いと指摘。かつては、目の健康というと中高年のイメージが強く、20~30代の若い世代にはアイケアに関心が集まりづらかったが、若い人にも増えているスマホ老眼や、目の現代病ドライアイ、カラーコンタクトの間違った使用方法による目の痛みを訴える人が増えていることで、若い世代にもアイケアの関心が高まっている。

<合わせて読みたい記事>
疲れ目症状ランキング 10代でもスマホ老眼が急増
目の美容新基準 新商品・サービスの登場に期待

ブルーライトカット眼鏡、白目のホワイトニング、アイマスク、アイシャンプー、目元ケア家電など、様々なアイケア商品がすでに登場しているが、アイケアに関する正しい情報はまだ不足している印象がある。

【編集部おすすめ記事】
高まる女性のアイケアニーズ 店舗サービス事例5 
使用することに抵抗感じさせない ハズキルーペのオシャレCM
50~60代が目の不調改善のために行っていることランキング
接客業の企業に知ってほしい 聴覚障害者「唇を見せて…」
カラコンニーズの年齢上昇 メイクアイテムの一つに

女性生活者の調査レポート