米国テック系企業、相次ぐヘルスケア分野への参入

米国ではテック系企業によるヘルスケア分野参入が相次いでいる。日本貿易振興機構の分析によると、参入領域は「情報の管理・運用」「診断・治療関連」「保健・薬局」の3つ。また、ヘルステックベンチャーへのVC投資額も急増しているという。Google、アップル、Amazonなど大手テック系企業によるヘルスケア分野参入事例を交えた、米国のヘルステック産業を理解するのに役立つ分析レポート。⇒【詳細】テック産業がヘルスケア分野へ続々参入(日本貿易振興機構)

 

【編集部おすすめ記事】
米国で人気、消費者向け遺伝子検査サービスの現状と課題
ヘルステック・健康ソリューション関連市場の調査
次世代型デジタルヘルスケア「ヘルスボイステック」動向
ヘルスケア分野におけるSociety 5.0(ソサエティ5.0)
【書籍】ITナビゲーター 2019年版

新着ニュース