米国で人気、消費者向け遺伝子検査サービスの現状と課題

米国で遺伝子検査サービスがブームとなり2017年頃から利用者が急増。米国人の20人に1人が利用しているという。しかし遺伝子検査による疾患リスク情報は誤診率40%との指摘もあるなど、課題は多いとのこと。ヘルスケア市場における遺伝子検査サービスの現状と課題、周辺のビジネスチャンスとは?⇒【詳細レポート】米国でブームを迎える「一般消費者向け遺伝子検査サービス(DTC)」の現状と課題(KDDI 総合研究所 )

 

【編集部おすすめ記事】
体質遺伝子の検査結果をPC・スマホでチェック
2018年に米国で最も注目された医療系ニュースは?
米国民の4割が個別化医療を「全く知らない」
米国の研究報告に学ぶ、子ども向け商品のブルーオーシャン市場
米国で拡大中 スプレッタブルバター市場 国内需要はこれから

新着ニュース