「夏太り経験」女性が約半数、夏終わりのマーケティング戦略に

今年は8月~10月は猛暑になると予測されており、今年の夏はまだまだ続きそうだ。夏の終わりのダイエットマーケティングに「夏太り対策」の打ち出しが使えるかもしれない。

夏太りを経験したことがある女性は約半数

20~69歳の500名の女性へのアンケート「夏太りの経験はあるか?」で約半数の46%の女性が「ある」と回答した(ネオマーケティング調べ)

画像引用元:ネオマーケティング(以下同じ)

画像引用元:ネオマーケティング(以下同じ)

しかし、半数の女性が「夏太りした経験がある」と回答しながらも「なぜ夏太りをしてしまうのか理由を知っている?」に対しては「知らない」が72%の結果になった。

夏太りの経験がある女性1

夏太りする理由

夏太りする理由には以下が挙げられる。

  • 糖質に偏った食事でビタミンB群の摂取が減り、代謝促進が鈍るため
  • 暑さなや夏バテどから運動量が減るため
  • ジュースやアイスの摂取が増えるため
  • 夏バテのため、1日3食しっかり摂取することができないため

夏バテや食欲不振で痩せるというイメージが強いものの、上記の理由から太る女性もいることを理解しておこう。

夏が終わったら、「夏太り対策」の打ち出しで女性を振り向かせよう!

夏が終わる時期からは、「夏太り対策」を打ち出したマーケティング戦略に商機があるかもしれない。

  • 夏太り対策系商品を集めた売り場をつくる(食品スーパー・ドラッグストア・バラエティショップ・コスメ専門店など)
  • 夏太り対策ヘルシーメニュー(飲食店)
  • 夏太りケアのためのサロンメニュー(エステ・リラクゼーションサロンなど)
  • 夏太りケアのための運動メニュー(フィットネスジム・ヨガスタジオなど)

他、情報サイトやPOP、チラシなどで「夏太り対策」関連のコンテンツを発信していくのも良いだろう。

関連記事
■夏のメイク悩みとは?マーケティングに役立つ10の基礎知識
■2016年夏「ひんやり」市場は活況!商品例10選
■誰もが「女性消費者インサイト」を探れるようになるコツ

一緒に読まれている記事