ミトコンドリアは加齢とともに質低下、KOSE研究結果

コーセー(東京・中央区)は、細胞内の「エネルギー生産工場、ミトコンドリア」の質が、加齢とともに低下することを、同一人物の加齢モデルで初めて確認した。

ミトコンドリアの質は、ミトコンドリアの中に存在する活性酸素消去酵素であるSOD2の量を測ることで評価。その結果、細胞内のSOD2の量は加齢に伴い減少し質が低下することが分かった。これは、年齢を重ねると、細胞が活性酸素によるダメージを受けやすい状態になっているということであり、このことがさらに老化を促進させる原因になるとのこと。

同社では、同研究成果を応用し、加齢に伴い低下するミトコンドリアの質を制御できる成分の探索を今後も続けていき、メカニズム解明に貢献する様々な知見を見出していく。

関連記事
■予防医学推進に。太ってないのに生活習慣病になる理由、研究結果
■全ての電子タバコは有害な化学物質含む、米研究結果

一緒に読まれている記事