行動変容技術活用の20万人習慣化アプリ GooglePlayベストオブ2017に入賞

自社開発の行動変容技術を利用した習慣化サービスの提供を行うエーテンラボ(東京・渋谷区)が開発・運用する、三日坊主防止アプリ「みんチャレ」がGoogle Playベスト オブ 2017( 2017 年に話題になったゲーム、アプリを選出し発表するプログラム)のソーシャル部門に入賞した。

画像:エーテンラボ

みんチャレは昨年の2016年に続き、2年連続でGoogle Playベストアプリに選出され、2017年はソーシャル部門に入賞した。みんチャレは、5人1組の励ましあいコミュニティとそれを支える行動変容技術とAIで、1人で取り組むより8倍の効果がある習慣化サービス。ダイエットや運動など50種類以上の習慣を身につけることができ、今まで20万人以上の利用者の習慣化をサポートしている。「今まで出来なかったことができるようになった」「このアプリがあったから続けることが出来た」「人生が変わりました」などユーザーからの評価は高い。

【編集部おすすめ記事】
健康行動継続2つのコツ 女性に人気のダイエットアプリの事例
生理中女性向けに 150万DLの人気アプリとロリエのコラボ
美容整形の術後経過記録・投稿・会員同士の交流できるアプリ登場
行動変容はゲーミフィケーション?健康無関心層の平均歩数が1.5倍
【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ

一緒に読まれている記事