大賞は大ヒットコスメ担当の執行役員 日経WOMAN表彰式

日経WOMANが1999年から実施し、その年に活躍した女性を表彰する、日経WOMAN「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2018」が、WOMAN EXPO TOKYO 2017 Winterのプレイベントとして12月1日に開催された。各賞の受賞者は次の女性たち。

画像:日経WOMAN(左上より)麓幸子、橋野宏之、阿部淳一、藤原美喜子、大江麻理子、入山章栄、柿木英人、安原ゆかり、藤井省吾(左下より)伊藤美樹、矢田明子、新実傑、中満泉、末延則子、武川恵子、和田幸子、和気洋子)

特別賞:国連事務次長・軍縮担当上級代表・中満泉さん

中満さんは“女性に伝えたいこと”として、3つのメッセージを話した。1つ目は「日本的な常識に縛られないこと」、2つ目は「人生の仲間をたくさん作ること」、3つ目は「野心を持つこと」。いずれも今後女性がリーダーとなって活躍するための大きな後押しとなる言葉だ。

働き方改革サポート賞:(株)タスカジ 代表取締役・和田幸子さん

タスカジは、働く女性をサポートする家事代行サービスで、掃除から料理、チャイルドケアまで、 業界最安値水準の1時間1500円から提供している。次の動画は、タスカジサービス利用の様子。

超高齢化社会の希望賞:Community Nurse Company(株) 代表取締役・矢田明子さん

臨床以外の場で活動する看護師たちは「コミュニティーナース」という新しい働き方で今各メディアで取り上げられ注目されている。「どのような看護活動が求められているのか?住民や他分野の人材と一緒に考えるのがコミュニティーナースの特徴(同社HP)」だという。受賞した矢田さんは「病院を飛び出し、地域に溶け込むことはとても勇気のいること。それでもおじいちゃんおばあちゃんたちが、自分たちを信じてくれている」とメッセージを残した。

共感型プロモーション賞:ヤフー株式会社 和気洋子さん

ヤフー株式会社コーポレートコミュニケーション本部ブランドマネジメント室 リーダー・和気洋子さん

“アストロウーマン”の道開拓賞:株式会社アストロスケール 代表取締役社長・伊藤美樹

アストロスケール株式会社は、小型衛星の開発・製造、宇宙環境テストを行う会社で、スペースデブリ観測衛星を世界で初めて打ち上げる計画をしている宇宙ベンチャー企業。

人生100年時代のロールモデル賞:若宮正子さん

2017年に入ってからアップルのアプリ開発向け言語Swiftを学び始め、パズルゲーム「hinadan」を開発したのは現役プログラマーの若宮正子さん。アップルが開催したWWDC2017(アップルが毎年開催している開発者向けイベント)では、80歳越えの現役プログラマーとして世界中の注目を浴びた。⇒【詳細】82歳のおばあちゃんは、Appleが認めた開発者。その人生観が深かった… (BuzzFeed NEWS)

大賞受賞:ポーラ化成工業株式会社 末延則子さん

大賞を受賞したのは、ポーラ化成工業株式会社 研究企画担当 執行役員 末延則子さん。日本初承認の、シワを改善する薬用化粧品「リンクルショット メディカル セラム」を15年もの歳月をかけて開発し、発売1年未満にして約112億円という売上を叩き出した功績を讃えられての受賞。さまざまな壁にぶつかりながらも発売にこぎつけ、「お客様に受け入れてもらえるか不安でしたが、今では『心まで前向きになった』という喜びの声をいただいている」と語った。

<合わせて読みたい記事>
飛ぶように売れ続ける美容液、2017上半期ベストコスメ総なめ

【編集部おすすめ記事】
働く女性に人気のイベント「WOMAN EXPO TOKYO 2017 Winter」開催
毎年働く女性に大人気!ウーマンエキスポ、5月20~21日に開催
働く女性 職場での不調TOP11
【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ

一緒に読まれている記事