26媒体が集結、パーソナライズ体験を提供する美の祭典 ハースト婦人画報社

エル・ジャポン、ヴァンサンカン、婦人画報、美しいキモノなど婦人画報社(東京・港)の26媒体が合同で、美の祭典「ハースト ビューティ フェスティバル2018」を10月13日(土)に東京ミッドタウンで開催する。昨年は5,500人が来場、今年で3年目になる。今年のテーマは「Diversity is Beautiful-私だけのキレイを求めて-」。参加者一人ひとりの趣味嗜好に合ったコンテンツをパーソナライズ体験を通じて提供する。

参加者は申込時の事前アンケートにより、自分のタイプに合った「ビューティキーワード」を知らされる。ビューティキーワードは「ジャパンウェーブ」「ミレニアル」「テクノロジー」「サステナブル」「タイムレス」「マインドセット」。会場内では各キーワードに合わせたコンテンツを用意し、参加者を迎える。

他、タレントのベッキーさんや料理研究家の行正り香さんなど有名人や美のプロフェッショになどによるトークショーや、話題のビューティアイテムを体験できるビューティーブースも並ぶ。以下動画は2017年開催の様子。

【編集部おすすめ記事】
過去最高、2日間で12,839人来場 閑古鳥鳴くゴルフ大会が大ブレークした理由
女性の「生き方・働き方」を考えるイベントは盛況
2018年のヘルスケアトレンド(健康・美容・予防医療)
【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ