影響力あるのは有名人より友人・企業 15~25歳SNS利用者の ”購入のきっかけ”

(最終更新:2018年10月1日)
友達や企業が発信する情報の方が、芸能人・有名人が発信する情報よりも影響力があるようだ。消費者庁が15~25歳の男女を対象としたSNS利用に関する調査を行ったところ、商品の購入・サービス利用にあたりきっかけとなった情報は次の結果となった。

出典:消費者庁「消費生活に関する意識調査 SNSの利用及び消費教育等に関する調査」2017

  1. SNS上の情報がきっかけで買物をしたことはない(31.9%)
  2. 友達がアップやシェアをした情報(27.8%)
  3. お店やメーカーの公式アカウントがアップやシェアをした情報(26.2%)
  4. 分からない、覚えていない( 21.3%)
  5. 芸能人や有名人がアップやシェアをした情報(19.9%)

 


【編集部おすすめ記事】
デジタル時代の基礎知識 SNSマーケティング
SNS映えに疲弊する20代 彼女たちが憧れるのはどんな女性?
2018年のヘルスケアトレンド(健康・美容・予防医療)
【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ

一緒に読まれている記事