ワーママの健康美容行動

年代別に見る、SNS閲覧がきっかけで購入したもの

リクルートライフスタイルの、美容に関する調査研究機関「ホットペッパービューティーアカカデミー」が実施した美容意識と行動に関する調査で、SNS閲覧がきっかけで実際の購入・行動のきっかけになったものがわかった。(調査対象:全国の人口20万人以上の都市に居住する15~69歳の男女のうち、女性6,600サンプル)

<合わせて読みたい記事>
【消費者庁】15~25歳SNS利用に関する調査「どんな情報がきっかけで購入した?」

SNS閲覧が購入・行動のきっかけになったものTOP10

10〜70 代の女性に「SNS閲覧が実際の購入・行動のきっかけになったもの」を聞いたところ、トップ10は次のような結果となった。第1位は「化粧品・美容グッズ・美容家電」。美容関連商品の購買行動へのSNS効果は、他のカテゴリーと比べると大きいようだ。

  1. 化粧品・美容グッズ・美容家電(19.6%)
  2. 料理・飲み物(外食)(19.5%)
  3. 洋服・アクセサリー・靴・バッグ(17.1%)
  4. 料理・飲み物(自宅)(14.5%)
  5. 旅行・テーマパーク(11.3%)
  6. ヘアスタイル・ヘアアレンジ・ネイルデザイン(11.0%)
  7. インテリア・雑貨(7.9%)
  8. その他の趣味の活動(6.6%)
  9. サプリメント・健康食品・健康飲料(5.6%)
  10. お店の外観・看板・内装(5.0%)

年代で異なるSNS効果

ただ、年齢別に見ると、SNS効果のあるものは微妙に異なるようだ。SNSの閲覧で「化粧品・美容グッズ・美容家電」の購入や行動につながりやすいのは、10代〜30代で、その中でも特に10代と20代はその影響がとても大きい。3割以上の人がSNSがきっかけで実際の購入・行動に至っている。30代以降は年齢とともに徐々にその割合が低くなり、40代以降では「化粧品・美容グッズ・美容家電」よりも「料理・飲み物」の割合が増える。

画像:リクルートライフスタイル

SNSマーケティングは相性の良し悪しがある。上記を参考に、年齢と商品・サービスの内容を考慮して取り組むと、成果を出しやすいかもしれない。

【編集部おすすめ記事】
10~60代女性 11種のSNS利用率
【消費者庁】15~25歳SNS利用に関する調査「どんな情報がきっかけで購入した?」
違いが分かる!国内5大SNSを徹底比較した、便利なSNSデータ集
【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ

女性生活者の調査レポート