女性市場トレンドと消費傾向

国際比較で見えてくる「他人を信用しない」日本人の国民性 

総務省は今月、情報通信白書平成30年版を公表した。その中で、日本人の国民性が見えてくる調査結果があるのでご紹介したい。

調査は「オフラインやオンラインで知り合う人の信頼度 国際比較」で、「SNSで知り合う人達のほとんどは信頼できる」という項目では日本人は87.1%が「あまりそう思わない、そうは思わない」と回答。対して、アメリカ、ドイツ、イギリスは約半数が信頼できると回答している。

海外と比較すると、日本人はオンライン上での出会いを信頼していないようだが、それならばオフラインなら日本人は他人を信用するのだろうか。「(オフラインで知り合う人の)ほとんどの人は信頼できる」という項目では日本人は63.4%が「あまりそう思わない、そうは思わない」と回答している。アメリカ、ドイツ、イギリスを見てみると3カ国とも半数以上が信頼できると回答している。

オフラインでも他人を信頼せず、オンラインでも他人を信頼しない日本人。そんな国民性が浮かび上がった。


【編集部おすすめ記事】

健康に関する情報収集、信頼できるもの・できないものは?
安心して買い物するために信頼している情報源は何?20~80代で明確な違い
2018年のヘルスケアトレンド(健康・美容・予防医療)
【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ

女性生活者の調査レポート