多死社会で、周囲はその人の死とどう向き合うべきか

身近な人が人生の最期が近いことを知った時、「なぜ私が命を落とさなければならないの?」と聞かれたら、あなたは何と答えるだろうかー?他死社会を迎える日本で、本人やその家族など周囲の人は死とどう向き合うべきか?どのように接すれば本人は幸せに死ねるのか?今、その課題に取り組む医師やメディアが増えている。

「今日が人生最後の日だと思って生きなさい」の著者であり医師の小澤竹俊氏へのインタビュー記事をご紹介。⇒看取りのプロが教える 人生の最期が近い人との対話術(NIKKEY STYLE)

おすすめ記事
■安心して死ねるように…36歳医師の在宅医療革命
■在宅医療普及がなぜ求められるのか?今後必要なことは?
■超高齢社会での医療課題。日本は13か国中最下位
■【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ
■【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ

新着ニュース