偽の健康情報「塩水ダイエット」 運営者の法的責任は?

ウェルク問題があってからは、ヘルスケア系メディアは正しい情報提供のために、医療従事者のコンテンツ監修を強化したり、既存記事の見直しを行うなど体制の強化を図っている。しかし、まだまだ偽の健康情報はネット上には多く転がっている。その一つの事例が「塩水ダイエット」。話題にはなっているが、非常に危険な方法だ。果たしてこのような情報を発信した場合、サイト運営者に法的責任は問われるのだろうか?⇒詳細記事「ネットのニセ健康情報「塩水洗浄」で体調不良に…法的責任を問える?」(弁護士ドットコム)

 

編集部おすすめ記事
健康に関する情報収集、信頼できるもの・できないものは?
NHK「ガッテン」批判の声相次ぐ 健康情報、誤解与えたと謝罪
2017年 女性の消費行動の特徴は?ライフスタイル新潮流
ヘルスケア企業のお悩みTOP10!解決策も掲載

新着ニュース