ワーママの健康美容行動

【自殺予防週間】自殺率が最も高い秋田県、最も低い神奈川県 〜都道府県別順位〜

9月10日の世界自殺予防デーにちなんで、日本では9月10日から16日までの一週間を自殺予防週間としている。今回は都道府県別の自殺死亡率について。

自殺死亡率の都道府県別ランキング

自殺者数を都道府県別にみると、最も人口が多い東京都が1位、他、埼玉県、神奈川県、大阪府、愛知県、北海道、福岡県などで多くなっているが(警察庁Webサイト「平成28年中における自殺の状況」より)、自殺死亡率(※)で見てみると、最も高いのは秋田県、最も低いのは神奈川県だ。自殺死亡率の都道府県別順位は以下。(※)人口10万人あたりの自殺者数。

都道府県別自殺死亡率

画像:「平成28年中における自殺の状況 第3章 平成28年中における自殺の内訳(厚生労働省)」を元に高率順でランキング。ウーマンズラボ作成


【編集部おすすめ記事】

【自殺予防週間】日本女性は世界で3位 国際比較で見る高い自殺死亡率
自殺原因トップは「健康問題」、ヘルスケア各企業が把握すべき事実
自殺者数が1年で最も増える3月 自殺対策強化月間スタート
【動画】世界自殺予防デーを前に公開、LGBTQの自殺率は4倍
【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ

女性生活者の調査レポート