【臓器移植普及推進月間】国際的に見て大きな遅れをとる日本の臓器移植事情

10月は「臓器移植普及推進月間」。移植医療普及の世界的シンボルであるグリーンリボンのキャンペーンとして、10月9日(月)に「2017グリーンリボンランニングフェスティバル」が東京で開催される他、臓器移植推進国民大会など、厚生労働省と関係団体により、移植医療に関する啓発と知識の普及を目的とした各種行事が開催される。

日本の臓器移植の実施数は国際比較で見ると非常に少なく、心臓移植を例にとると、人口100万人あたりの心臓移植実施数はアメリカやヨーロッパで5~6人であるのに対し日本では0.05人(日本移植学会より)。国民の、臓器移植の正しい理解・知識の普及が期待される。⇒詳細「10月は『臓器移植普及推進月間』です」(厚生労働省)

【編集部おすすめ記事】
がん検診 何が改善されれば受診したい?
ビジネスパーソン 仕事と治療の両立で苦労すること
潜在看護師を発掘 各地の「健康管理人」に育成するプロジェクト開催
【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ

新着ニュース