糖質摂取をストレスなく減らす単純な方法 研究報告

「睡眠負債」で病気になりやすいことが一般的に知られたことで健康のために睡眠時間をしっかり確保したいと考える人が増えているが、睡眠時間を確保することにはそれ以外にも良いことがあるようだ。キングス・コレッジ・ロンドンの研究者らによると、毎日長く寝ると糖分の多い食品の摂取が減るという。

たっぷり眠るだけで自然と健康的な食事習慣を得られるなら、実に簡単な食事改善方法だ。ダイエットをしたくてもどうしてもお菓子をやめられない人、暴食を繰り返してしまう過食症の人、日々のストレスを食べることで解消してしまう人などに食事改善を促すなら、まずはたっぷり長く眠ることを推奨するのが良いかもしれない。⇒【詳細】 睡眠時間は糖質摂取量に影響する(LINK de DIET)

【編集部おすすめ記事】
世界600万人の睡眠データ分析でわかった日本人の少ない睡眠時間 世界比較
ライフステージの視点で考える「睡眠負債」を最も抱えやすい年代とその理由
2018年のヘルスケアトレンド(健康・美容・予防医療)
【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ

新着ニュース