ポッドキャスト復活 企業の「ファン醸成場所」としての可能性

ポッドキャストのブームから10年以上が経った今、再びアメリカでブームになっているという。ラジオが大衆向けであるのに対し、ポッドキャストはニッチな分野や狭いターゲットを狙った番組作りが特徴的で、企業がファンを醸成する新たな場所として活用できる可能性を秘めている。レポートでは、アメリカでの実例を紹介するとともにポッドキャストの可能性を探る。⇒「HK文研フォーラム2017 米・ラジオもオンデマンド時代の到来か」(NHK放送文化研究所)

【編集部おすすめ記事】
10~60代女性 11種のSNS利用率
SNSが心の健康を阻害 もっとも悪影響のSNSは? 英調査
ストレス解消法にも 虜になる女性続々「コロリアージュ」
【消費者庁】15~25歳SNS利用に関する調査「どんな情報がきっかけで購入した?」
【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ

一緒に読まれている記事