子どもの数の割合、世界でこんなに差が?

少子化・高齢化が急速に進む日本は課題先進国と呼ばれ、この危機を日本がどのように乗り越えていくのか世界が注目しているが、日本の少子化レベルはそんなにひどいのだろうか?それを数字で理解できる国際比較があるので見てみよう。次の表は総務省がまとめている「各国におけるこどもの割合(15歳未満)」。31カ国の中で日本は最下位で、全人口に占める子どもの割合は12.3%。子どもの割合が最も高いのはタンザニアで44.4%。人口の約半分が子どもということになる。他の国と比べて日本の子どもの割合がどれだけ低いのかを読み取れる。

【編集部おすすめ記事】
子供の数37年連続減少 都道府県別に見る子どもの数と割合
都道府県別高齢化率ランキング 今後20年で急激に高齢化が進む地域は?
2018年のヘルスケアトレンド(健康・美容・予防医療)
【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ