在宅医療普及がなぜ求められるのか?今後必要なことは?

2025年には全人口の18%が後期高齢者(75歳以上)となり、医療制度の存続が更に困難な状況になる。現時点で75歳以上の人、一人を支えている15~74歳の人口が5.7人だが、2025年になると3.9人の計算になる。しかも3.9人のうち0.7人は65~74歳だ。支援や介護を必要とする高齢者は増加する一方、それを支える若年層は減少の一途をたどる。

その課題を受け、国は医療・介護分野において病院のみで対応するのではなく、地域を主体とした地域包括ケアシステムの構築を早急に進めている。

高齢化が進む日本 医療の中核として期待される在宅医療の今後の行方

政府は都道府県に対し、病床数を2025年までに20万床近く減らす方針を出しています。必要な医療をより多くの人に提供するためにも在宅医療は期待されています。患者さんとして医療行為を受けるにあたって精神的メリットがありますが他にも経済的には、入院をすると病院は差額ベッド代と言って場所代(のようなもの)を請求ができます。厚労省によると1日あたり平均5918円かかります。在宅医療においては差額ベッド代を支払うことなく、受けた医療費のみの負担になるので、安くつくと考えられます。一方在宅医療にも短所はあります…続きはJIJICO

関連記事
■地域包括ケアシステムのためのビジネス事例と7つの成功ポイント
■【動画】松山市、健康動画の配信スタート…だけど勿体ない

一緒に読まれている記事