似たりよったりのフィットネス業界に新星登場!これは新しい!

東京・恵比寿に、業界やシニアの注目を集めそうなフィットネスジムが来春誕生する。脳をトレーニングする「ブレインフィットネス」だ。これまでに「暗闇フィットネス(音楽を大音量で流してクラブ感覚で汗を流すフィットネス)」「アウトドア中心のフィットネス」など様々なフィットネスの形が誕生し、話題を集めているが、フィットネスの目的を体から脳にずらしている点が新しい!

画像引用元:脳トレーニングジム・ブレインフィットネス

画像引用元:脳トレーニングジム・ブレインフィットネス

同ジムは、東北大学医学研究所との共同研究で開発したプログラムを提供する。科学的根拠に基づいたトレーニング方法で、運動、食事、睡眠、ストレスケア、知的刺激(作業記憶のトレーニング)、絵や楽器を使ったワークショップなどのアプローチで、認知機能の維持・向上を目指す。対象は45歳以上。

認知機能の危機感が薄いミドルエイジに「脳トレーニング」というキーワードをどう響かせるか?は課題となりそうだが、健康意識や健康リテラシーが高い60代以上には響きやすそうだ。

<編集部おすすめ記事>
ティップネスとの連携で未病患者へのフィットネスメディカル構築
フィットネス業界が好調な理由と今のトレンド
企業が取り入れるべきシニア女性の心を掴むマーケティングとは?
浸透しづらいと言われる啓発活動でも、拡散している事例~自閉症の場合~
女性の共感・支持を得る、最近の世界的トレンドとは
「幸せ・充実」を非日常には求めない女性生活者が増加中

一緒に読まれている記事