似たりよったりのフィットネス業界に新星登場!これは新しい!

フィットネスジムが飽和状態の今必要なのは、これまでにない「新しさ」を打ち出した差別化戦略だ。シニア向けのジムもすでに近年では目新しさはなくどこも似たり寄ったりだが、来春、東京・恵比寿に、業界やシニアの注目を集めそうなフィットネスジムが誕生する。脳をトレーニングする「ブレインフィットネス(イノベイジ)」だ。

画像引用元:脳トレーニングジム・ブレインフィットネス

画像引用元:脳トレーニングジム・ブレインフィットネス

同ジムは、東北大学医学研究所との共同研究で開発したプログラムを提供する。科学的根拠に基づいたトレーニング方法で、運動、食事、睡眠、ストレスケア、知的刺激(作業記憶のトレーニング)、絵や楽器を使ったワークショップなどのアプローチで、認知機能の維持・向上を目指す。

対象は45歳以上ということだが、認知機能の危機感が薄いミドルエイジに「脳トレーニング」というキーワードをどう響かせるか?は大きな課題となりそうだ。一方で、健康意識や健康リテラシーが高い60代以上には響きやすそうだ。

日常生活の中で数値化される機会が少ない脳機能について警鐘を鳴らし「気づかせる」のは難しそうだが、超高齢社会という社会課題に貢献する画期的なサービスとして、ぜひ生活者の中でも注目を浴びる存在になってほしい!今後の展開が楽しみだ。

詳しく知る
■BRAIN HITNESS

関連記事
ティップネスとの連携で未病患者へのフィットネスメディカル構築
■フィットネス業界が好調な理由と今のトレンド
■企業が取り入れるべきシニア女性の心を掴むマーケティングとは?