オイシックス×たまひよ、妊娠・産後ママの食事サポートサービス開始

食品通販のオイシックスと、妊娠・出産・育児関連ブランドたまひよ(ベネッセコーポレーション)が連携し、2016年2月9日(火)より、妊娠、産後のママに向けた食品の定期購入サービス「おいしっくすくらぶwithたまひよ」を開始。

本サービスは、妊娠中&産後0~24カ月のママ専用の食材宅配サービス。各月齢に適した食材の情報をweb上でチェックしながら、好きなものを注文できるというもの。妊娠期、産後のママ自身の食に関する悩みや、赤ちゃんや小さい子供の栄養に関する不安を持つママは多い。そんなママたちの食生活をサポートするために作られた。

妊娠期、授乳期、離乳食期、各時期におけるママの悩みとは?

  • 妊娠期:「甘いものを食べるならどれ?」「お通じがいまいち…快腸になりたい!」
  • 授乳期:「授乳しながら私が食べられるお昼ごはんって何?」「口さみしいとお菓子に手が出てしまう…」
  • 離乳食期:「子どもの食べる量がなかなか増えていかない…」 「野菜を食べさせたいのに好き嫌いが激しい」

悩み解決のために月齢に合わせた食材提案

  • 妊娠期と授乳期:ママと赤ちゃんの栄養のために積極的に摂りたい栄養素を含む食材を提案。罪悪感のないヘルシーなおやつを提案
  • 離乳食期:離乳食に使いやすい野菜・フルーツを提案。離乳食のステップ別あんしん加工食品を提案
  • 妊娠期、授乳期、離乳食期全体を通して:忙しいときに助かる時短食材を提案。旬のおすすめ野菜、フルーツを提案。ママの栄養に欠かせない大豆製品、お肉やお魚の提案

これまでに登場してきた食事・食材宅配サービスというと、一人暮らしのシニア向け、食事療法が必要な糖尿病患者や腎臓病患者向け、介護食、カロリーや塩分コントロールがされている食材、無農薬安全をうたった食材の宅配などがある。

食材宅配のサービス例

ネーミングとロゴが女性ウケ抜群のラディッシュぼーや。

生協の宅配、パルシステム。

カット野菜を個別梱包で届けてくれるイエコック。あるカット野菜製造会社の調査によると消費者の間でカット野菜に対するイメージが「不潔に感じる」「安心できない」というのがあるようでそれは個人的に共感する部分ではあるのですが、単身者や時短を求める人にはとても便利なサービスです(そもそもなんで不安に感じるんだろう?と考えてみると、おそらく野菜って新鮮さが一番なのにそれが一旦加工されてしまうと新鮮さが消えた感じに見えるからなのか?

あるいは野菜は長らくの間、収穫されたそのままの形状を維持して市場に出ることが多かったために、野菜=形があるというイメージが根強くあるためカット野菜だと、違和感が生じるのか?私も、カット野菜にどうもなじめないうちの一人だ)。

ママの「育児も食も考えなきゃいけないのに、できない!」という罪悪感や困ったに対応

「おいしっくすくらぶwithたまひよ」は妊娠中~産後のママのみを対象とし、さらに月齢ごとに食材を提案して宅配する点はとても新しいし、ママたちにとってありがたい。妊娠中~産後24カ月までとターゲットは狭いが、ママたちの「ただでさえ育児で大変なのに、食事にまで気を遣う時間と心の余裕がない…」「自分の体調も整えたいし、子供の栄養もちゃんと考えたい。でもできなくて罪悪感…」という「困った」に的確に応えている。マタニティ―誌・育児誌No.1のたまひよと組んだことでも、ママたちの間で一気に認知度を上げそうだ。

 

関連記事
■働くママの出産後の仕事意欲の変化に伴い、うまれるニーズとは?
■8%のママが子供にサプリ。子育てママ向けの食育があるべき
■妊娠・出産のことをどう考える?女性の本音と企業が提供できること

一緒に読まれている記事