インバウンド消費減速、モノ消費からコト消費へのシフトが必要

みずほ総合研究所は、「インバウンド消費減速の背景と今後の展望」をテーマとしたレポートを2016年6月23日(木)に発表した。現状、インバウンド消費を大きく支えているのは「一人あたりの買物代」であるものの、インバウンド消費減速が顕著になりつつある今後はモノ消費だけではなく、コト消費(サービス)をウリにしていく施策が重要になってくるとの見解を示した。⇒詳細「インバウンド消費減速の背景と今後の展望」(みずほインサイト)

【編集部おすすめ記事】
■【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ
■【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ

一緒に読まれている記事