コラボ商品は見せ方に差別化必要「ファミマ店員×ライザップ式」

ファミリーマートは6月27日~8月28日まで「#ファミマでライザップ ファミマで糖質コントロール生活」企画を開催、間もなく終了を迎える。

ファミマ店員がファミマ商品とライザップ式でダイエットに挑戦

ファミリーマートは、RIZAP(東京・新宿区)協力のもと、2016年から糖質の量にこだわったメニューを全国のファミリーマート・サークルK・サンクス約18,000店で販売している。今回の企画ではファミリーマートとライザップのコラボ商品含む、ファミリーマートで販売中の商品から、ライザップの管理栄養士が1日の糖質量が100g以下になるようメニューを設計する。

ファミリーマートの店員は、ライザップのアドバイスを受けながら食生活の改善に取り組む。同社HP上では毎日の食事メニューを掲載すると共に、同企画に挑戦中の店員たちのBeforeの体型も掲載(ライザップおなじみのテレビCMのように!)。

コラボ商品は「見せ方」に差別化が必要?

企業のコラボ商品が各社から次々に登場する昨今、新鮮さや話題性は薄れてきており、以前のように大きな注目は集めづらくなってきているが、同社の「店員が実際にコラボ商品を試して痩せるかどうか?」まで見せるのは「コラボ商品のマーケティング戦略」として新しい。ドラッグストアや食品スーパーでも応用できる取り組みだろう。

【編集部おすすめ記事】
ライザップ、市町村対象にシニア世代の健康増進支援
市場拡大中!2017年、低糖質食品に消費者が求めるものとは?
時短料理に人気の冷凍食品 今後求める商品は?
シニアだけじゃない、若い世代も「かわいい」と人気 ファミマガーデン
女性の心を掴む表現はさすがライザップ!ダイエット本好調

女性生活者の調査レポート