人気の予感 今年の猛暑対策は業界初「ふって混ぜるだけ」冷却アイテム

今年の猛暑対策として人気を集めそうな冷却グッズは、業界初の、ふって混ぜるだけでひんやり冷たさが60分持続する「冷んやりタイム」。使い捨てカイロを製造販売するタカビシ化学(大阪)が、5月1日から販売を開始する。「冷んやりタイム」は、ふって混ぜるだけで冷却反応が始まり最低温度の約8℃まで下がる。従来の冷却製品のように凍らせたり水を含ませるなどの前準備が不要なので、暑さを感じたタイミングでその場で使用できる。

出典:タカビシ化学

外出中の暑さ対策としては、保冷剤と一体化したベストや首巻きタオル、水に濡らすだけで冷んやり感が持続する冷感タオルなどがこれまでに多数商品化され人気を集めてきたが、冷却感が強い保冷剤でも自宅を出た瞬間には解凍が始めるため、野外イベントやキャンプなど、最も暑さ対策を必要とする肝心なタイミングではすでに冷却効果がなくなっていることもしばしば。 “短い持続時間” に不満をこぼす消費者は多かった。

その点、「冷んやりタイム」は心配無用。暑さ対策・汗対策をしたい場所・時間に合わせて使える。使い切りタイプなので、使用後に荷物にならない点も評価が高そうだ。

【編集部おすすめ記事】
取り上げるメディア多数 夏の「冷やし美容」
女性向け夏バテ対策の商機は「食に関連した時短ニーズ」
2018年のヘルスケアトレンド(健康・美容・予防医療)
【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ

一緒に読まれている記事