「ボタニカル派」と「アンチボタニカル派」

シャンプー・リンスのカテゴリーですっかりお馴染みになったのが「ボタニカル(=植物の、植物由来の)」。I-ne(大阪市)が販売するシャンプー・リンスのブランド「ボタニスト」の一大ブームを受け、各メーカーもこぞってボタニカルヘアケア商品を上市している。

出典:Ine「ボタニストシャンプー」

同社は東京・表参道にボタニストの世界観を体感できるフラッグシップショップを構えている。1Fはセレクトショップで、2Fがカフェ。カフェではスムージー、ブッダボウル、スムージーボウル、豆腐サラダ、アボガドトーストなど“ボタニカルな”ヘルシーメニューを提供する。

 

View this post on Instagram

 

【🌸Spring Changes🌸】 BOTANIST Tokyoは一足早く、冬ムードから春ムードにチェンジしました♪ 入り口では、新シリーズ「ブルーム」の香りが漂い、2階のカフェでは春限定のメニューをご用意しております!🍽🍒 ぜひ、お気軽にお越しくださいませ🤗 Spring is coming. To get into spring mood we have decorated our interior and exterior with colorful decorations and flowers. At our cafe on the 2nd floor, you can enjoy our limited spring menu! Welcome♪ #earlyspringvibe #BOTANIST #botanisttokyo #botanicallifestyle #ボタニスト #ボタニストトウキョウ #ボタニカルライフスタイル

BOTANIST Tokyo(ボタニスト トウキョウ)さん(@botanist_tokyo)がシェアした投稿 –

 

View this post on Instagram

 

⠀ 【🍽SEASONAL BUDDHA BOWL🥦🌸】 #botanisttokyo の春限定メニュー、旬野菜のブッダボウル。 ⠀ キヌアを混ぜたライスに、旬の野菜を盛り付けたヘルシーメニュー。 野菜のグリル、スパイシーなカレーデリ、ケール、ナッツなどをトッピングし、様々な味や食感を一度に楽しめる大満足の一品です。 ⠀ 健康食を楽しみながら味わって、春の体力づくりをしていこう♪ ⠀ In our latest additions to our spring menu, we have the healthy Buddha bowl! A vibrant earthy bowl filled with seasonal grilled greens, a vegan spicy deli, kale and nuts served on a bed of quinoa and rice. Enjoy a healthy and hearty dish and feel refreshed from within! ⠀ #BOTANIST #botanisttokyo #botanicallifestyle #ボタニスト #ボタニストトウキョウ #ボタニカルライフスタイル @botanist_tokyo

BOTANIST Tokyo(ボタニスト トウキョウ)さん(@botanist_tokyo)がシェアした投稿 –

そんなボタニカルな商品や世界観に惹かれる女性が多い一方で、最近よく聞かれるのが次のような意見(花王ヘアケア事業部シニアマーケターの仲田実沙希氏へのインタビュー)

仲田氏は、「ボタニカルやノンシリコン一辺倒で、どの商品も同じに見える、選ぶのが楽しくない、という声が多かった」と、ヘアケア市場が抱えていた課題を明かす。(引用:日経クロストレンド「花王の新シャンプー&トリートメントは強気の高価格 香りの組み合わせで“自己実現女子”狙う」)

そこで、花王が5月に新発売するのが感性科学(※)に基づいて開発したヘアケアブランド「and and(アンドアンド)」。気分・香り・デザインを自由に組み合わせることができ、3種のシャンプーと3種のトリートメントにより全9通りの組み合わせを楽しめる。ファッション、コスメ、ネイルなど、自分好みにぴったり合うものを選びたいという志向が高まっていることを背景に、ヘアケア商品も自分にぴったりのものを選べるようにしたとのこと。(※)花王は、2004年から人の快適感を感性科学の実験手法で研究を続けている

andand

出典:花王

おもしろいのは、各ネーミング。各ボトルは「気ままに」「静かに」「ゆったりと」「はしゃぐ」「思いたつ」「ときめく」と命名されており、感情で商品を選ぶ傾向がある女性たちにとっては分かりやすい分類だ。選ぶ楽しさがある。

andandの組み合わせ

ボタニカル派女子のニーズを囲い込もうと、各社がボタニカル合戦を繰り広げてきたが、「ボタニカルが流行りすぎたが故のアンチボタニカル派女子」のニーズにも今後は着目したい。

 

【編集部おすすめ記事】
続くボタニカル人気 その理由は?
「スワッグ」で心に癒しを
女性の好きな香りランキングTOP6
ヘルスケアビジネスとは?市場規模と国の政策コンセプト
2019年 女性の消費トレンド

新着ニュース