ツイッターで話題!つい笑ってしまう、ある売り場のPOPと商品

差別化が難しい商品でも「見せ方」次第で消費者の視線は簡単に集められるものだ。SNSのおかげで、無名の商品でも一晩で全国規模の有名人になれるのが、今の時代だ。今回ご紹介する事例は、ツイッターで話題になっているつい笑ってしまった商品とPOP。消費者の買い物中の足を止めるヒントになるかもしれない。

2万リツイートされたのは「達者de菜」。@stdauxさんの同ツイッターのコメントには、他にも様々な面白ネーミング商品が投稿されている。

7万リツイート、10万いいねがついたのは「当店の魚は死ぬまで生きてました」。

【編集部おすすめ記事】
ハードな子育てが漫画で伝わるTwitterに共感の声 11万いいね
カールおじさんの店頭での姿に「泣ける」!応援消費や悲しみの声が殺到
まだまだ話題「デブ活」は大きな商機!戦略ヒント例
購買意欲を高める各社のweb戦略 効率よりも重視していること
「美容」に興味がない女性は実は多い、という事実
またもダイソー!100円なのに優秀すぎる!と人気の商品

女性生活者の調査レポート