「秋枯れ肌」経験女性たちの肌トラブルと対策方法 

夏のダメージが原因で秋に出てくる肌トラブル「秋枯れ肌」を経験したことがある女性は4割であることが、ドクターシーラボ「顔のたるみ研究所」の調査でわかった。

調査は20〜59歳の女性360名。夏の終わりや秋に肌トラブルがが起きた経験がある人は44.7%だった。具体的には、次のような肌トラブルが起きている。

画像:株式会社ドクターシーラボ「顔のたるみ研究所調査結果」

  1. 肌荒れ 63.1%
  2. 吹き出物、ニキビ 46.4%
  3. 毛穴の開き、黒ずみ 35.7%
  4. シミ 34.5%
  5. くすみ 28.6%
  6. しわ 20.2%
  7. たるみ 19.0%

 

秋枯れ肌ににどのような対策を行ったか?尋ねたところ、保湿ケアが最も多く、その次に多かったのは「睡眠時間を増やす」。肌トラブルの改善に、スキンケアだけでなく「睡眠」からアプローチする女性も多いようだ。

画像:株式会社ドクターシーラボ「顔のたるみ研究所調査結果」

  1. 保湿ケア 76.2%
  2. 睡眠時間を増やす 31.0%
  3. 角質ケア 20.2%
  4. 美白ケア 19.0%
  5. リフトアップケア 14.3%
  6. 栄養価の高いものを摂取 13.1%
  7. 運動する 8.3%

秋は夏に受けたダメージが表面化する時期。各女性誌では毎年秋になると「夏枯れ肌」「枯れ肌」「秋に最も老化が進む」「秋の老化リスク」など秋の老化に着目した情報を発信しており、秋のスキンケアの重要性を意識する女性が年々増えている。この時季ならではのスペシャルスキンケア商品・サービスや、美肌を育むための生活習慣などの情報発信が消費者に求められている。

【編集部おすすめ記事】
10代~50代女性、年齢で異なる「肌悩み」
飛ぶように売れ続ける美容液、2017上半期ベストコスメ総なめ
今後の定番キーワード?「秋バテ」で女性の興味を惹こう
肌に良さそう、でもよく分からない…認知度高いが理解度低い成分
UVケアは肌だけじゃない 新たな常識としての日焼け対策部位とは
遅い食事が紫外線による肌ダメージを強める可能性 米国研究

新着ニュース