筋肉とタンパク質の関係性認知に 29日(金)を「筋肉を考える日」制定

スポーツを通して食と健康のあり方を考え筋肉の重要性を伝え続けてきた森永製菓は、取り組みの一環として“金(筋)曜日が29(肉)日になる日”を「筋肉を考える日」として日本記念日協会に申請、正式登録された。

画像:森永製菓

スポーツ愛好家、成長盛りの子供、運動不足になりがちな働き盛り世代、筋肉が衰えがちなシニアに、筋肉とタンパク質の関係性をより多くの生活者に認知してもらい、日常的にタンパク質を摂取してもらうことが目的。2017年~2018年で金曜日の29日は「2017年9月29日」「2017年12月29日」「2018年6月29日」。

【編集部おすすめ記事】
女性の食選びの新基準?「食の3重丸」認定商品
分かりやすいネーミング続々「ビタミンにコミットサラダ」ライザップ新業態
野菜を十分に摂取できているのはどの年代?
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ
女性マーケティング戦略で「女性客を増やす」ための基本の考え方
女性の食選びの新基準?「食の3重丸」認定商品

新着ニュース