肌に良さそう、でもよく分からない…認知度高いが理解度低い成分

「コラーゲン=美肌づくりに良い」というイメージは多くの女性の間ですっかり定着しているが、「食品からでは効果がなさそう」「何が原料か分からない」などネガティブな印象を持っているい人もおり、実は十分に理解されていないようだ。

<合わせて読みたい記事>
化粧品成分の働きを簡単に理解できる本

雪印ビーンスターク(東京・新宿区)が実施した「シニアの美容・筋肉・栄養に関する意識調査」の「コラーゲンにはどのようなイメージを持っていますか(複数回答)」の質問では次のような回答結果となった。「肌に良さそう」「健康に良さそう」が上位となったが、注目したいのはそれ以下の項目だ。

画像:雪印ビーンスターク株式会社「シニアの美容・筋肉・栄養に関する意識調査」

  • 何が原料かわからない(16%)
  • 効果的な摂取方法が気になる(16%)
  • 食品からでは効果がなさそう(14%)

認知度が高いコラーゲンでも上記のようなイメージがあるのは意外かもしれない。以前ウーマンズラボでご紹介した「ビタミンEの効能について正しく理解している女性は3割以下」という事例もあるように、「認知度が高く誰もが知っているはず」といったものでも、実は正しく理解されていないケースは意外に多いのかもしれない。

<合わせて読みたい記事>
多くの女性が知っているのに、実は「効能理解していない」多数

正しい理解がされず、むしろ勝手なマイナスイメージを持たれてしまうと機会損失につながりかねない。例えメジャーで多くの消費者に定着しているとは言え、企業は十分過ぎるほどの正しい情報発信が必要だろう。

【編集部おすすめ記事】
美容よりも重要 中高年層の最大の関心ごと
野菜を十分に摂取できているのはどの年代?
意外と少ない?月間消費金額のうちスマホ消費が占める割合
「親子共倒れ」新たな社会問題迫る
女性の疲れ度合い 増すのは何曜日?消費者への提案は曜日を考慮したい
2016年ネット通販「健康食品」4.6%増、支出額最も高い年代は?

女性生活者の調査レポート