年代で異なるママのオシャレに気合が入るシーン

美容に関する調査研究機関ホットペッパービューティーアカデミー(リクルートライフスタイル)は、 0~5歳の子どもがいる20~49歳のママを対象に「ママの美容意識」調査を実施した。

日常生活の中のどういう場所・場面で、メイクやオシャレに気合が入りますか(気を付けていますか)?という質問では、次の結果となった。年齢が上がるにつれ、同性や周囲の目を意識するようだ。

女性は年齢とともにキレイでいたい理由が「異性によく見られたいから」よりも「いつまでも自分に自信を持ってキラキラしていたいから」「同性によく見られたいから」「老け見えしたくない」「気持ちが明るくなる」「清潔感がある」という理由が強くなっていく。そんな女性の心理変化をあらわしている結果だ。

画像:リクルートライフスタイル

【編集部おすすめ記事】
20〜40代ママ 年代で異なる「美容ゴト」「健康ゴト」への関心度合い
ホムパが進化、ママたちの新社交術 “おうち外交”
今、大人気のママ向けメディア 扱うジャンルの広さが特徴
【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ

女性生活者の調査レポート