死期が近くなった時、延命治療ニーズはどれくらいあるのか?

死期が近くなった時、人々の延命治療ニーズはどれくらいあるのだろうか?その時の病状・生活状況・年齢・家族の有無などによって違いは見られるはずだが、65歳以上に関しては次のような調査結果が出ている。

内閣府がまとめた平成29年版高齢社会白書によると、65歳以上の男女の91.1%が「延命の身を目的とした医療は行わず、自然に任せてほしい」と考え、「少しでも延命できるよう、あらゆる医療をしてほしい」と考えるのはわずか4.7%だった。

※質問は次の通り。「万一、あなたの病気が治る見込みがなく、死期が近くなった場合、延命のための医療を受けることについてどう思 いますか。この中から1つだけお答えください」

  • 少しでも延命できるよう、あらゆる医療をしてほしい
  • 延命のみを目的とした医療は行わず、自然にまかせてほしい
  • その他
  • わからない

【編集部おすすめ記事】
100歳まで生きたくない人6割越え 長生きに必要なこと・不安なことは?
健康寿命とは?長生きしたくない人たちの理由と、課題解決に向けた国や企業の取り組み
介護殺人「母親に、死んで欲しい」に共感のコメント多数
【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ

新着ニュース