「生理ちゃん」多くの女性の心を捉え、手塚治虫文化賞を受賞

Webメディア「オモコロ」で連載され2018年6月に書籍化された「生理ちゃん」が「手塚治虫文化賞」を受賞。第23回手塚治虫文化賞(朝日新聞社主催)の贈呈式が今月6日、都内で開催された。

生理ちゃんとは、“生理”をキャラクター化したマンガで、生理に対する社会や男性の無理解、偏見を風刺。女性の生理にまつわる悩みや辛さを的確に、かつおもしろく表現している点が多くの女性の共感を得ており、その人気ぶりからグッズ化もされ、映画化も決定。また、日本で唯一のPMS治療薬プレフェミン(ゼリア新薬)は生理ちゃんとコラボし、限定オリジナルマンガを2019年1月より同社ホームページで公開している。

生理ちゃん

生理ちゃん

出典:KADOKAWA

作者は男性(小山健さん)だが、生理にまつわるつらさを的確に表現している。女性を理解するために特に男性陣に読んでほしい。これを読めば、「生理前は女はヒステリックになる」なんて“えげつない”言葉はもう放てないはず。

生理ちゃん

【編集部おすすめ記事】
「女性ホルモンを整える」とは?女性のニーズに応える商品・サービス
女性たちのセルフメンテナンス 心と身体編 みんな何してる?
女性に人気の香りランキングと、香りにまつわる女性の意識・行動
進化する生理日管理サービス 海外事例
生理前の「心の変化」「体の変化」トップ5
女性ヘルスケアビジネスにおけるマーケティングの基本

新着ニュース