女性リーダーにおすすめレポート「ビジネスではマイノリティであることを上手く使う」

経済産業省の「女性リーダー育成推進事業」の一環として、女性幹部候補生向け講座を野村マネジメントスクールが実施した。第1回目の開催は2017年1月15日~20日の6日間。日本を代表するトップ企業から40代~50代の部長クラス66名が参加した。この度、講座の様子がわかる資料が同社より公開された。

受講生からは「ビジネスの世界ではマイノリティであることを上手く使う!というメッセージが印象的で、今後自分の指針にしていきたい」という声も上がった。マイノリティとは「女性リーダー」であることを指しているが、開催報告レポートを見るだけでも様々な気づきや学びがありそうだ。⇒NSAM TOP NEWS VOL.4 2017 SPRING開催報告(野村マネジメントスクール)

【編集部おすすめ記事】
管理職の割合低い日本女性、「昇進に対する意識」とは?調査結果
情緒的安定には欠けるが、それでも女性の方がリーダーに向いていることが判明
女性社員が企業成長・経営基盤強化のカギ? 7社の実例
「僕のポストを女性にとられるのでは…」社内に残る男女の壁
意識改革すべきは女性ではなく、男性!「子育ての両立、悩みない」

新着ニュース