電通のママ・マーケティング「ママラボ」アジア太平洋地域へ展開

電通(東京・港)は、母親視点で企業のマーケティングを支援する「ママラボ」をアジア太平洋地域でも展開することを発表した。

ママラボは2008年に電通総研内に設立された研究チーム。近年急速に変化する母親の価値観や消費行動に着目し、「ママの本音」や家族へのインサイトに基づくコンサルティング、ママ・家族向けの商品・ブランドの開発、販売チャネルやメディアの開発、キャンペーンの提案・実施、レポートや書籍の刊行などを通じ企業の課題を解決するサービスを提供する。

2014年に中国、2015年にインドに展開し、今後はシンガポール、インドネシア、フィリピン、台湾、タイに展開する予定。

【編集部おすすめ記事】
ママ世代マーケティングの参考になるデータが豊富!
【動画】マーケティングに役立つ「ママ」「ノンママ」の違い比較
ママの共感得る人気ブロガー 読むとママの気持ちが理解できる!
ママ、自分磨きの消費行動再開はいつ?
【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ

一緒に読まれている記事