飛ぶように売れ続ける美容液、2017上半期ベストコスメ総なめ

今年1月に発売された、日本で初めて「シワを改善する」とうたったポーラの薬用美容液「リンクルショット メディカルセラム」が飛ぶように売れ続けている。

<合わせて読みたい記事>
製造販売承認取得時のニュース:「史上初!「シワ改善の医薬部外品」に女性の期待大!」

発売からわずか1ヶ月の時点で初年度の売り上げ目標100億円の3分の1を達成、36億円(25万個)を売り上げたことで業界で大きな話題を呼び、発売から半年以上が経過した今もなおその人気は衰えを見せず、各人気美容雑誌や@コスメなどの2017年上半期ベストコスメを総なめにした(※)

効果の高さで、高評価な口コミ多数

商品は20gで16,200円(税込)と決して安くはないが、シワを改善する化粧品の登場を心待ちにしていた多くの女性たちに支持され、購入者の口コミには「シワが目立たなくなってきた」「シワが浅くなってきた」「深いしわより浅いシワに効果がある」「リピ買いする」「感動」「ずっと使い続けたい」「美容クリニックに行くよりは安上がり」と高評価が並ぶ。

効果を感じるまでに時間がかかるため、数日や数週間で判断せずに数ヶ月間の連続使用を試みた人たちの口コミ投稿も最近は増えている。効果には個人差が見受けられるものの、各女性誌等メディアで大きく取り上げられたこともあり多くの女性たち(とりわけシワが気になり始める30代以降)の間で話題を集め続けている。

「高くてリピート購入できない」 途中で離脱する女性も

一方「高くてリピート購入できない」と、途中で離脱する女性も一定数いるようだ。うたっている効果は女性なら誰にとっても魅力的だが、美容液1本で16,200円、さらに使い続けなくてはならないのは確かにハードルが高い。しかし、これまでコスト面や体への影響・安全面を危惧して美容クリニックでのヒアルロン酸やボトックス注入を諦めていた女性や、スキンケアだけではシワを改善できず諦めていた女性たちにとって、この商品は間違いなく救世主だ。

※2017年ベストコスメ受賞歴
<美的 8月号>
【2017年上半期ベストコスメ】総合 1位
【2017年上半期ベストコスメ】美容液部門 1位

 

<MAQUIA 8月号>
【ベストコスメ2017上半期】ベスト・オブ・ベスト大賞

 

<VOCE 8月号>
【2017年上半期 ベストコスメ】スキンケア部門 最優秀賞
【2017年上半期 ベストコスメ】美容液・オイル部門 第1位
【2017年上半期 ベストコスメ】プロたちの個人賞 個人賞9件

 

<アットコスメ>
@cosmeベストコスメアワード2017上半期新作ベスト美容液第2位

 

<SPUR 8月号>
【2017 SPUR Best of Beauty】スキンケア大賞

 

<&ROSY 8月号>
【2017年上半期ベストコスメ】スキンケア部門 グランプリ

 

<GINGER 8月号>
【2017年上半期 GINGER BEAUTY AWARD】エイジングケア部門 金賞

 

<MAQUIA 9月号>
【みんなのベストコスメ 2017上半期】シワ部門 1位
【マキアブロガー‘sベスコス】最強エイジングケア 2位

 

<BAILA 8月号>
【BAILA 2017上半期 Best Cosme】ベストコスメ大賞

 

<LEE 8月号>
【THE BEST COSMETICS 2017 SS】お悩み改善コスメ部門 入賞

 

<Domani 8月号>
【2017上半期ベストコスメ】ベーシックスキンケア部門 1位

 

<with 8月号>
【2017上半期with最愛コスメアワード】美容液部門 2位

 

<otona MUSE 8月号>
【otona MUSE BEST COSME 2017SS】スキンケア部門 個人賞(1位)3件
【otona MUSE BEST COSME 2017SS】スキンケア部門 個人賞(2位)2件

 

<All About>
【All About ベストコスメ大賞 2017 上半期編】アンチエイジング部門 第1位

【編集部おすすめ記事】
40代女性の心を捉えたのはどれ? コスメ大賞 例年と異なる傾向
最新の枕トレンドは、快眠プラスαの美容枕
ベストコスメ賞総なめ!驚異的な人気商品、大注目のメイクアイテム
@cosme ベストコスメアワード2017上半期発表、人気コスメの傾向は?
「美魔女コンテスト」ファイナリストに残った女性たちの共通点
化粧品購入のきっかけ「サイト・アプリは何で知った?」

一緒に読まれている記事