40代女性の心を捉えたのはどれ? コスメ大賞 例年と異なる傾向

しっかりファンデーションを塗り、さらにアイライン、まつ毛、眉毛など、パーツを強調するメイクがトレンドだったのは以前の話。今は、厚塗り感のないナチュラルな肌づくりと、目周りは強調させずにリップでメイクを楽しむナチュラルメイクがトレンドだ。このトレンドの変化は、人気コスメアイテムにも影響しているようだ。

コンシーラーが大賞に輝くのは初 例年とは異なる傾向

40代女性をターゲットにした美容雑誌「美ST」は、7月号で「2017年ベストSSTコスメ大賞”メーク部門”グランプリ」を発表。例年とは異なる傾向が見られたという。

SSTコスメとは、40代の3大悩みであるシミ・シワ・たるみにおすすめのコスメのこと。40代のメークを熟知した美のスペシャリスト20名がコスメアイテムを審査、読者からも投票を募り、先日、誌面で3大悩みを解決するアイテムを発表した。例年、ファンデーションなどがグランプリに並ぶ中、コンシーラーが大賞に輝いたのは初だという。第3位にはリップがランクインし、今のメイクトレンドである「肌づくり」と「リップメイク」が反映された結果となった。

  1. コンシーラー「ソフトマットコンプリートコンシーラー」(NARS JAPAN)
  2. ファンデーション「タイトフィルムファンデーションPRO」(アルビオン)
  3. リップ「ヴォリュプテティンとインバーム6」(イヴ・サンローラン)

ちなみに第2位に輝いたのは、肌を引き上げてさらに引き締めるというアルビオンのファンデーション。40代ならではの肌悩み・顔悩みも反映された結果だ。その他、誌面では「ファンデーション賞」「リップ&グロス賞」「チーク賞」「アイシャドウ賞」「アイパワー賞」「読者賞(読者からのweb投票で決定する賞)」も掲載。40代に人気のコスメや40代ならではの悩みやニーズが見えてくる。


美ST(ビスト) 2017年 07 月号 [雑誌]

【編集部おすすめ記事】
アラフォー世代がメイクで重視するのはトレンドよりも…?
女性のメイクトレンド 主役は「目」から他パーツへ
「美魔女コンテスト」ファイナリストに残った女性たちの共通点
女性が見られたい年齢は、実年齢マイナス何歳?
【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ

一緒に読まれている記事