睡眠負債・脳疲労は現代人の心掴むキーワード 書籍・CD続々登場

睡眠市場の広がりに伴い登場した新キーワード「睡眠負債」。

<読者の皆さんもチェックしてみよう>
【セルフチェックテスト】睡眠負債リスクチェック(NHK「睡眠負債が危ない」)

テレビ番組やwebメディア、雑誌など「睡眠負債」を取り上げるメディアが増え、生活者の注目度が高まっている。睡眠負債とは「日々の睡眠不足が積み重なっていく」ことで、睡眠負債が大きくなるほど命にかかわる病気のリスクを高める。睡眠の重要性が以前よりも、より強く認識されるようになる中、睡眠関連の書籍・CDが続々登場している。

睡眠関連の書籍 ベストセラー本も

2017年2月に発売され、睡眠のカテゴリーで1位のベストセラー本。忙しいビジネスパーソンをターゲットにしている。


スタンフォード式 最高の睡眠

2017年9月発売。東洋医学をベースにした疲労回復メソッド。


寝てもとれない疲れをとる本

次の2冊も、2017年に発売された脳疲労解消CDブック。「マインドフルネス」や「睡眠負債」「脳疲労」は、ストレスで疲れている現代人の心を掴むキーワードだ。

最高の脳の休息法「脳疲労」解消CDブック (聴くだけで頭スッキリ!)

 


脳疲労が消える 最高の休息法

 

【編集部おすすめ記事】
父親より母親の不眠症状が影響大 子供の睡眠の質
【総務省】睡眠時間ランキング 47都道府県別
女性の睡眠ニーズは今後も上昇。睡眠ビジネス事例
従業員の睡眠ケアで生産性向上を目指す 吉野家の取り組み
5人に1人が睡眠に不満足 国内初「快眠サイクルを整えるキャンプ」開催

新着ニュース