デコ弁も時短で ”食べられるアート”

時短で完成度の高いデコ弁・デコプレートが作れるとのことで、「食べられるアート」に注目が集まっている。食べられるアートは、でんぷんで作られたイラスト付きのフィルムシートで、食品に貼り付けるだけで完成する。絵柄は食用インクで印刷されているので、フィルムを貼り付けたまま食べられる。

出典:フロンティア

今年4月には、紙素材の開発を行うフロンティア(大阪市)が「たべられるアート」公式サイトをオープン。続いて、同社は6月1日より全国の食品スーパー、雑貨店、家電量販店にて食べられるアート用のフィルムシートの発売を開始した。今月22日にはペコちゃんもアートフィルムになって登場。毎日が忙しいけど、でも子供が喜ぶカワイイお弁当も作りたい。そんなママたちにとって時短でデコ弁を作れるフィルムシートは救世主だ。

出典:サンスマイル

食べられるアートの活用方法はさまざま。投稿には「何これ!」「面白い!」「初めて見た(笑)」とのコメントで盛り上がっている様子。

【編集部おすすめ記事】
「子どもの食生活に対する悩み・工夫」から見る、企業が子育て中ママに伝えるべきこと
どんな食材を詰めてもオシャレ! デコ弁女性を中心に人気、ココポット
2018年のヘルスケアトレンド(健康・美容・予防医療)
【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ

女性生活者の調査レポート