【話題のキーワード】医療関係者・専門家が注目するSIBO

医療関係者や専門家の間で最近話題になっている、小腸の病気SIBO(シボあるいはシーボと読む。Small Intestinal Bacterial Overgrowth 小腸内細菌異常増殖症)。腸内細菌が小腸内で過剰繁殖することで「膨満感」「下痢」「腹痛」「慢性疲労」「肌トラブル」などの不快な症状が現れる。ダイエット・美肌・健康のために腸活をする女性は多いが、積極的に腸活を行っているのにお腹の調子が良くない場合はSIBOが原因かもしれない。

過敏性腸症候群(IBS)は比較的認知された疾患ですが、アメリカの調査では実にIBS患者の60%にSIBOを認めたと言いますから意外と多くの方がSIBOに悩まされていると考えられています。(引用:Dr.MASAHIKOのブログ「SIBOについて」)

SIBOは比較的最近知られるようになった病気で生活者の間ではまだ広く知られていないが、医療関係者向けセミナーや、看護師や医師、研究者らはSIBOについて情報を発信しており、今後新たに広がっていくキーワードになりそうだ。


小腸を強くすれば病気にならない 今、日本人に忍び寄る「SIBOから身を守れ!


【編集部おすすめ記事】

読者1,000名による「ダイエット&ヘルス大賞2018発表!」ヘルスケア女性誌FYTTE
評判の健康法 キーワードは「距骨」
2018年のヘルスケアトレンド(健康・美容・予防医療)
【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ

女性生活者の調査レポート