40代シングル女性「老後を考えて、美容をあきらめた」

今、女性向け掲示板「発言小町(読売新聞運営)」で盛り上がっているトピックがある。「老後の貯金を考え外見を磨くのを辞めていますが、良いのか?」だ。トピ主は独身40代。老後のことを考えて美容を諦め、収入のうち整体に通うお金と食費を抜いた残りは全て老後の貯金に回しているという。彼女の投稿には、「節約しながらも美容を続ける方法はあるのに、努力してないだけ!」という厳しいコメントが多く寄せられている一方で、そんな彼女に共感・同情してかエールを送る声も多い。

一般的には20~30代と比較すれば、40代以降になると(特殊なキャリアや、能力、専門性がない限り)職探しは容易ではなくなってくる。30代の頃は「いつかは結婚!」と思っていてもやはり40歳を超えてくると「私は生涯独身かしら」と、うっすらどこかで覚悟を決める。白髪やシミ・シワが目立つようになり、そして更年期を迎え、30代の頃とは違った外見の変化に不安も大きくなる。

残りの人生に漠然とした不安を感じ始める40代。経済面や精神面でそれなりの余裕がなければ、40代は美容を諦め始めるタイミングなのかもしれない。

【編集部おすすめ記事】
世界各国の輝く女性たちのライフスタイル事情
ハーパーズバザーが提唱する「エイジ・ダイバーシティ」
「老人は孤独が日常で、とても辛いこと」孤独を解決するPR動画
【ライフコースを理解する】生き方が激変する30〜40歳
【男女の違いvol.26】男女で異なる「独身でいる理由」の背景に潜むもの
生き方の多様化を反映 女性の心捉える”セブンルール”

一緒に読まれている記事