10年で約5倍に 海外に広がる日本食レストラン

海外での日本食への関心の高まりを示す数値の一つである「海外日本食レストランの数」について農林水産省が調査を実施したところ、2017年10月時点で約11万8千店あることがわかった。2006年は2.4万店だったので、約10年間で5倍近く増加したことになる。最も多いのはアジアで6.9万店。その他、地域別に見てみよう。

画像:農林水産省

  1. アジア(69,300店)
  2. 北米(25,300店)
  3. 欧州(12,200店)
  4. 中南米(4,600店)
  5. オセアニア(2,400店)、ロシア(2,400店)
  6. 中東(950店)
  7. アフリカ(350店)

2013年のユネスコ無形文化遺産登録をきっかけに和食がそれまで以上に世界で認知されるようになり、寿司やラーメンの人気のみならず、緑茶・抹茶、味噌、豆腐、こんにゃくなど様々な日本の食品が海外でも販売されるようになった。最近新たに世界で注目されているのが「うま味(UMAMI)」だ。次の記事も合わせてどうぞ。

<合わせて読みたい記事>
■「#umami」世界各国でインスタ投稿 広がる第5の味覚

【編集部おすすめ記事】
注目度高まる日本の発酵食 世界的トレンドになるか
海外で人気ヘルシーフード「フムス」 国内でも認知度上昇中
日本のヘルスケア企業の未来、世界をリードする可能性3つのポイント
【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ

一緒に読まれている記事