海外で人気ヘルシーフード「フムス」 国内でも認知度上昇中

健康志向の広がりと同時に、好調に拡大している豆加工品市場から新たに今注目を浴びているのは「フムス」。以前より一部女性たちの間で知られていたフムスは、特に2017年に入ってから注目度が上昇している。フムスが一般食として取り入れらていくかもしれない。

フムスとは
フムスは、ゆでたヒヨコマメに、ニンニク、練り胡麻、オリーブオイル、レモン汁などを加えてすりつぶし、塩で調味したペースト状の料理。トルコ、ギリシア、キプロス、イスラエル、パレスチナ、ヨルダン、レバノン、シリア、イラクなど中東の広い地域で食べられている伝統的な料理である。(引用:Wikipedia フムス)

これまでは豆加工品は和食で使われることが多かったが、最近は洋食メニューでの採用が増えている。

キューピーから業務用が登場

フムスは中東発祥の料理だが欧米でも人気で、パンにつけたり、ディップとして食べられることが多い。キューピーは欧米での人気を背景に、2017年1月に業務用のフムスを発売開始している。

フムスレシピ本も

2016年8月にはフムスのレシピ本も登場。栄養価の高さと活用の幅の広さから、フムス人気は更に上昇しそうだ。

 


フムス 豆のペーストレシピ70

【編集部おすすめ記事】
女性向け夏バテ対策の商機は「食に関連した時短ニーズ」
「病院食」という可能性 北海道の病院の画期的な取り組み
甘酒ブーム2017年本格化 「食べる甘酒」続々登場
注目度高まる日本の発酵食 世界的トレンドになるか
【総務省】60代~80代ネット利用率上昇 「通信利用動向調査」結果

女性生活者の調査レポート