推定3億5000万人、希少疾患の課題

患者数が極めて少ない疾患群である「希少疾患」は、世界全体で3億5000万人と推定されているという。多くは重度な症状なため、希少疾患患者の30%は5歳に達する前に死亡するとのこと。しかし、希少疾患患者の多くは治療の選択肢がなく、情報を得るのに苦労している。一般的な疾患と比較して希少疾患の治療に関する研究開発は軽視されてきたためだ。レポートは、「希少疾患患者に対するケアの改善は世界各国政府の優先事項である」と提言。有効な政策や課題解決案を示している。⇒【詳細】「希少疾患 誰も置き去りにしない未来を創る」(国際製薬団体連合会IFPMA)


【編集部おすすめ記事】

オンライン診療アプリおすすめ5選 特徴・機能を比較
ヘルスケアビジネスとは?市場規模と国の政策コンセプト
増えるマスク依存症、広がるマスク市場の実態を探る
女性の入院・外来理由、傷病分類別ランキング
お薬手帳アプリ、今後の動向と3つの課題

新着ニュース