シートマスク市場2015年度シェアNo.1のマスク

第一三共ヘルスケア(東京・中央区)のフェイシャル用シートマスク「ミノン アミノモイスト ぷるぷるしっとり肌マスク」が国内のシートマスク市場で2015年度年間シェア1位となった。

国内需要のみならずインバウンド需要の高まりもあり、 店頭販売金額ベースで前年度比157%にまで拡大。その中、 「ミノン アミノモイスト ぷるぷるしっとり肌マスク」は、 当該市場でシェア1位を記録した。

「ミノン アミノモイスト ぷるぷるしっとり肌マスク」は、乾燥による小ジワを目立たなくすることを訴求しており、@コスメの口コミでも「べっとりする」「密着感が他と比べて高い」「パック後の保湿効果が高い」部分が評価されている。同商品は2015年度、 店頭販売金額ベースで前年度比176%の伸びとなった。

1つの袋に40~50枚が入っている大容量フェイスパックの価格は相場¥1,000前後で、そのような商品と比較すると同社の商品は少々高く、およそ¥1,200前後。しかし、高級ブランドのフェイスパックと比較すると「値段は安いのに質は良い」「毎日使うのは他社の大容量フェイスパックだが、週に2回や気合いを入れる前日のみは同社商品を使っている」という口コミも見受けられた。

関連記事
■美容効果訴求より「ネタ消費」で差別化戦略を行うアートマスクが人気
■大手メーカーではなくても、バイヤーに選ばれるためには…

一緒に読まれている記事