「メイクを面倒に感じるシーンTOP8」から考える消費行動促進のヒント

(公開記事:2016年8月 最終更新:2017年7月)
メイクを面倒と感じるシーンTOP8はこちら眼鏡市場 「メイク・肌に関する意識調査」 2016

メイクをするのが面倒なシーン

  • 1位:コンビニに出かけるとき(54.2%)
  • 2位:ゴミを捨てるとき(33.8%)
  • 3位:運動をするとき(29.3%)
  • 4位:病院に行くとき(25.5%)
  • 5位:温泉旅行に行くとき(16.2%)
  • 6位:友人と出かける時(16.0%)
  • 7位:親戚に会う時(14.0%)
  • 8位:ペットの散歩に行く時(12.8%)

ニーズをくみ取り、そして「イメージ」させてあげよう

訴求ポイントを決定する時や広告出稿の時、webデザインを考える時、POPを考える時、上記ランキングを参考に女性消費者にアピールしてみてはどうだろう。例えばこのような具合だ。

  • (例)「コンビニにちょっと出るだけなのに、わざわざメイクをするのは面倒!」な女性のための、日焼け止め兼用30秒ファンデ
  • (例)さっとぬれて楽ちんなのに、汗で落ちない!スポーツ専用ファンデ
  • (例)病院や温泉旅行の入浴後など、張り切ったメイクはしたくないけど、最低限のメイクはしたい時に便利なナチュラルメイクキット

共感を得られると購入に至りやすいので、まずは共感してもらえるようなキャッチフレーズや訴求が重要になってくる。その際気を付けたいのは、スペックよりもイメージを優先させることだ。女性はスペックよりも「どういったシーンで使えるだろう?」と具体的にイメージできると、購入意欲が高まるからだ。ニーズや不満をくみ取り、そして商品の使用シーンをイメージさせてあげよう。

次にご紹介する記事は、時間がなく面倒に感じる朝の美容ケアのニーズを汲み取り大人気商品となった「サボリーナ」。

<関連記事>
・時短コスメブランドが爆発的ヒット!発想もデザインもカワイイ!

【編集部おすすめ記事】
楽天コスメ大賞2017上半期 TOP10にランクインした3強は?
@cosme ベストコスメアワード2017上半期発表、人気コスメの傾向は?
2017上半期 人気1位美容家電は「話題のエステを自宅でできる」商品
エステサロン利用実態調査2017上半期発表
【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ

一緒に読まれている記事