自助努力を求める健康ゴールド免許案 小泉氏ら提言で賛否両論

定期検診などで健康管理に努めた人を対象に、医療保険の自己負担を3割から2割に引き下げる「健康ゴールド免許」導入に関する施策を小泉進次郎氏らが提言した。自助努力を求める健康ゴールド免許案に対し、ネット上では賛否両論となっている。

「健康ゴールド免許いいやん。 予防医療に取り組んでいる人はゴールドってことだね」
「言わんとすることはわからんでもない。タバコや酒その他不摂生で病気になる人間と、そうじゃなくても病気になる人間で医療費が一緒なのは正直ムカつく」
「平等に予算を振り分けることが、構造的に難しくなる以上、インセンティブを設計して、健康管理を促すのは、極めて現実的でしょう」

と、賛成の声があがる一方、

「生きるだけでも免許が必要な時代の到来」
「努力で健康になれるならそりゃめでたいわ」
「健康管理しっかりしたかとか第三者が判断するのはどうかと思う」
「定期健診の受診なんてそれなりにお金ないとできないでしょ。金ない人にとってはどんどんきつくなるな」
(引用元:R25) 

 

関連記事
■「人工透析患者は殺せ!」で大炎上!から考える企業に不足していること
■人口増の11市町村は「子供の医療費軽減」に積極的

一緒に読まれている記事