健康経営支援サービス続々登場、「カラダかわるNavi」

リンクアンドコミュニケーション(東京・新宿区)は、ルネサンス(東京・墨田区)と共同で、6月下旬より全国の企業・健保に、健康経営支援サービス、「カラダかわるNavi」を展開する。健康経営を導入する企業が少しずつ増えてきている昨今、健康経営を支援するサービスが増えてきている。

 
<参考>
・健康経営銘柄に選定された企業に学ぶ、健康経営ハウツー

全国に約7,000名を超える管理栄養士・栄養士ネットワークを持つ、リンクアンドコミュニケーションと、全国にフィットネスジムを展開するルネサンスの共同事業だ。企業・健保の従業員を対象に提供されるカラダNaviの特徴は以下。

 
1.「カラダかわるNavi」」アプリ
専門家のアドバイスをアプリで提供。会話型コミュニケーションで行動変容を促す
 
2.管理機能
従業員の健康管理課題を見つける分析メニュー、個別ケアが効率的にできるコミュニケーション機能を搭載
 
3.オンライン食生活指導
職場や自宅にいながら、オンラインで管理栄養士によるマンツーマン指導を受けられる
 
4.ルネサンス利用
運動プログラムの提供
(引用元:リンクアンドコミュニケーション)

各社様々な健康経営支援ツールサービスの提供を開始しており、今後多くの企業の新規参入が続きそうだ。以下の関連記事をご覧いただいてもわかる通り、支援ツールは、オフィス設置道具、オフィス、コンサルティング系など様々だ。

関連記事
■損保ジャパン日本興亜、健康事業を強化。健康経営推進支援サービス開始
■健康経営にヘルシースタンド。働く女性の増加でニーズが高そうだ
■大成建設が実証開始。スマートウェルネスオフィスがいよいよ増える?

一緒に読まれている記事