英タバコの包装「世界一醜い色」に統一で、健康被害の警告

喫煙による死者が毎年推定10万人とされるイギリスが、たばこ会社に対して非常に厳しい法案が可決された。大手たばこ会社4社は反発し訴訟になったものの、高等法院が異議申し立てを棄却、法案可決となった。その内容は以下。

  • 今後すべてのたばこのパッケージカラーはパントン448Cという「汚い」、「やに」、「死」という言葉と関連付けられた緑がかった茶色に統一
  • パッケージの60%を健康被害の警告に使う
  • 会社ロゴ使用の禁止
  • 商品名とブランド名を全社共通フォントで表記

たばこ会社にとっては打撃の大きい規制だが、喫煙者はそうでもないようだ。

タバコの箱がこの色であれば、買いたくなくなるかという質問に対し、やめる理由になると答えた人は一人としていなかった。「吸いたくなれば、結局吸う」、「パッケージと禁煙は関係ない」、「禁煙の必要性は分かっちゃいるけど、やめられない」と、いずれも冷めた回答だった。(引用元:NewSphere)

まさにこういう人たちが先日の記事「日本の「長寿」は不幸?健康を顧みなかった愚かさと代償」なのだろう…。

一緒に読まれている記事